適切な施術をしてくれる美容クリニックを探そう

サイトメニュー

事前に知っておきたいこと

女性

注目されていることと気をつけることは何か

近年、美容整形などで小顔にする人が増えています。特に女性は、小顔の方が男性からモテるからという理由で小顔にあこがれる人が少なくありません。どのような理由で美容整形の小顔の施術が注目されているかといえば、一つはその手法にあります。以前は、エラを削って大掛かりな手術をすることが多かったため、これを敬遠する女性は少なくありませんでした。また、手術によって顔は小さくなるけどもメスを入れて傷をつけることに対して抵抗を持っている人もいます。ですが最近は、傷が目立ちにくいだけでなく、より簡単に手術を行えるようになりました。わずか1時間から2時間程度で自分の顔を小さくすることができるため注目されています。手術をしなくても、注射を打つだけで顔を小さくすることができる点も魅力的と言えるでしょう。どのような方法があるかといえば、一つは脂肪溶解効果のある成分を注入することです。これにより、体内にある脂肪膜が破壊されて結果的に脂肪が取り除かれることになります。そうすると、その分だけ顔が小さくなり、引き締まった顔に早変わりします。この方法は、海外でも行われており安全な方法の一つとして日本でも広まっているのが特徴です。それ以外の注射として、ボトックスを注入することにより筋肉を弱くして顔を小さくする方法があります。特に、エラが張っている人は筋肉により顔が大きく見えてしまう傾向があります。その筋肉を麻痺させ収縮させることにより、顔を小さくする仕組みです。この方法も、安全でしかもお金がかからないため注目されています。
小顔にすることにあこがれている女性は多いですが、いくつか気をつけることがあります。まず、骨を削って顔を小さくする場合ですが医師によって腕前によって結果が異なることです。そのため、適当にクリニックや美容整形外科を選ぶのではなく、十分に調査をしたうえで担当医を決める必要があります。場合によっては、カウンセリングをした医師と担当する医師が違うこともありますので、注意をしなければいけません。理想としては、カウンセリングをした医師と施術を行う医師が同一人物である方がよいです。なぜなら、同一人物ならばカウンセリングの時に伝えた内容を忠実に再現してくれるからです。小顔にするための注射を打つ場合には、医師の腕前によりそれほど大きな違いが出るわけではりません。どのような人が施術を行ったとしても、それほど違わないのがポイントになります。ただ、注射をする場合には術後に注射をした箇所が赤くはれてしまうことも少なくありません。おおむね4日から5日ほどは赤くはれていることがありますので、マスクで目立たないようにすることも可能です。もし、人前に出る仕事をしている場合は、長期休みをとるか長期休みの前あたりに注射をした方がよいです。そのほかの注意点としては、注射をしたとしても永久的にその効果が持続するわけではないことです。これは、手術をして骨を削る場合との大きな違いになりますので注意しましょう。効果の持続期間はおよそ半年ほどです。人によってその効果に違いはあるものの、半年に一度ぐらいの割合で再び注射をすることが必要になってくるでしょう。

Copyright© 2019 適切な施術をしてくれる美容クリニックを探そう All Rights Reserved.